堺には、最新型の歯科用CTを導入しているインプラントのクリニックがあります

堺には、最新型の歯科用CTを導入しているインプラントのクリニックがあります。
このクリニックの歯科用CTは、放射線量の被爆が少ない、高精細画質の画像撮影ができる、ということが最大の特長で、長年歯科用CTの研究開発に取り組んできた日本のメーカーが作ったものです。
この CT は、診断に必要な部分を確実に撮影するための機能が充実していて、本番の撮影の前にリハーサルの撮影ができるだそうです。
本番の撮影の前にリハーサルができるという機能があるおかげで、インプラント治療を行う患者さんの放射線の被爆を大幅に減らすことができるのだそうです。
この歯科クリニックが導入しているCT では、本番の撮影の前に、パソコンの画面上で撮影範囲を修正することも可能なので、より画像の撮影が失敗しにくいようになっています。
日本以外のアジアの国で造られた安価なCT だとこのようにはいかず、何度も撮影をやり直さなければならなくなることもあるそうです。
このような高性能の歯科用のCTを駆使しているおかげで、この歯科クリニックは安全な非切開インプラント治療を行うことができるのだそうです。