まるで自分の歯のようです

皆さん、「ハメマラ」と言う言葉をご存知ですか?
年を重ねてゆくごとに、ダメになって行く身体の部分部分を指しているのですが、「ハメマラ」の「ハ」はまさしく「歯」のことです。
歯から先にダメになってゆくのです。
丁寧な歯磨きをすることは老年期にどれだけ歯を残せるかにかかってきます。
しかしながら、日頃の生活週間、食べ物の好みなどにより歯磨きをしているつもりでもどうしても虫歯からは逃れられません。
もし、歯が一本だけ抜けてしまった場合、あなたならどうしますか?
そのままの状態にしておくと、残っている歯がどんどん移動してかみ合わせのバランスを失いさらに物を噛むことが難しくなってきてしまいます。
保険適用の選択肢としましては、一本義歯にするか、ブリッジにするかになりますが、一本義歯は奥歯では目立たないものの毎日の手入れが必要になりますし、ましてや前歯の場合両サイドの歯に掛ける銀色のクラスプが目立ってしまいますので、若い女性としては、おそらく抵抗のあるものです。
ブリッジは失った歯の部分にはダミーの銀歯が入るものの、両サイドの健康な歯にも引っ掛ける状態で銀歯を付けなくてはならないので、健康な歯まで大きく削らなければなりません。
保険で手頃にできるものですが、リスクが伴うのです。
保険適用外の自費のもので、インプラントというものをご紹介いたします。
これは一本約25~30万円と高額ではありますが、抜けた両サイドの健康な歯を傷つけることなく、まるで自分の歯として長く使用できます。
おおまかに言うなれば、自分の顎の骨に杭をうち、それを土台にして歯が作られます。
外科的手術になりますが、歯茎が落ち着けば、見た目もご自分の歯と見間違えるほどです。
ぜひ、ご参考ください。

« Prev - Next »