インプラント治療の流れ

インプラント治療を考えている人が気になるのが、費用の事、そしてインプラント治療の流れかもしれません。
多くの場合、インプラントは一度で手術が終わるわけではありません。
そういったことを事前によく知っておき、準備することが必要です。
実績のあるデンタルクリニックはよく、インプラントの無料説明会を行っています。
説明会の後、相談会を行っているところもあります。
インプラントに対する漠然とした不安や費用の問題をを相談することも可能です。
このような会に参加してインプラントの流れをじかに聞いておけば、不安も解消されることでしょう。
こういった説明会などを利用してクリニックを決めた後はカウンセリングを行います。
しっかりと事前に口内の検査をして、治療方法や今後の流れなどをしっかり説明してくれるクリニックが信頼できるクリニックと言えます。
手術の前にCTスキャンなどであごの骨の状態などをチェックしてくれるクリニックもあります。

そしてコンピューターでテストをして初期の固定値を測って、インプラントを入れる一回目の手術を行います。
インプラントを入れた後は歯ぐきを閉じて一回目の手術は終了です。
その後、インプラントが骨と結合す治癒期間を設けます。
この期間は個人差もありますが下あごの場合3か月、上顎の場合6か月ほど要します。
その間は歯ぐきと骨に負担をかけないようにしてゆっくりと過ごします。
2回目の手術は骨とインプラントが結合した後に行います。
インプラントにアバットメントを取り付け歯ぐきの上に人口歯を取り付ける準備をします。
さらに一か月ほど期間を置いて歯ぐきが落ち着くまで待ちます。
そしていよいよ人口歯の取り付けを行います。
歯肉の形に合わせたカリの歯を取り付けかみ合わせを調整していったん終了です。
この後、歯の制作期が1週間ほどかかりいよいよセラミックの人工歯を装着するのです。
この人工歯は本物と見分けがつかない美しいものです。
このような流れでインプラント治療は行われるのです。